保育士のパートが大変! 」

保育士のパートが大変

  • 辞めたい具体的な理由

をまとめました。

 

保育士のパートで大変なこと

疲れた様子

責任を押し付けられる

パートの身分ではありますが、正職員とやっていることは一緒です。

保護者や園児にとっては、見分けがつくわけがありません。

よって、トラブルに対する責任も同じ重さです。

 

正職員と、園長の機嫌取り

次の契約が貰えず、仕事が無くなるかもしれないと、不安に感じるからでしょうか?

  • 雇用主である管理職
  • 一緒に保育をすすめる職員

の間に入って気配りすることが多いです。精神的にもヘトヘトになってしまう人もたくさんいます。

 

時間給なのに、仕事が終わらず帰れない

自分の担任クラスでトラブルがあったり、全体の会議が終わらないこともしばしば。

帰りたいけれど、帰る訳にもいかない事があって困りますね。

 

自分の予定優先で休めない

代替保育士として働いていると、正規職員の年休の代わりに入る事が多いため、自分の予定では休みにくい。

パート保育士は立場上、正規職員が仕事に入れない時に重宝されています。

そのため、休みを取ろうとすると、新たに変わりを見つけないといけないため、いい顔をされません。

 

金銭的に不安定

いつ、仕事がなくなるかわからない不安があるパート保育士。

契約更新できなければ、自分で次を探さなければなりません。退職金もなく、経済的にきつくなる人も多いです。

 

パートを辞めたい理由

  • 自分の保育実践がしたい

悩む女性

パートでも、担任の先生の補助的な仕事をしている方もいますね。

でも、保育補助ではなく、クラス担任を持って、園児の全てに関わって仕事したい人は、物足りないでしょう。

「全体の仕事を仕切る立場で働きたい

と考えるなら、パート保育士を辞めたくなります。

 

  • 給料が低い

給料が低いことで、パート保育士を辞めたい人もいるでしょう。

パートだから、時間給で働くため、どれだけ内容の濃い仕事をしても、賃金に反映されることはありません。

休めばその分、給料は減ります。ボーナスもない事がほとんどです。

自治体によっては、時間給で働いて、ボーナスもある雇用形態もあるようですが、
正規職員との賃金差はかなりあります。

同じ様な仕事をしていると、賃金の違いから、モチベーションが下がってしまい

「こんなのやっていられない。」

と、辞めたくなってしまいますよね。

 

  • パートなのに責任が重い

クラス担任を持ってクラス運営する場合は、仕事内容も正規職員と同等です。

かかる責任もほとんど同じですから、問題があった時にも、最後まで対応を求められます。

また、クラス担任を持っていなくても、自分が保育に関わってる時に事故が起きれば、責任は計り知れません。

他にも、

 

  • 正規職員との折り合いが悪く、居心地が悪い

仕事しながら、なんとなくギスギスしている空気を感じることもあります。

正規職員の仲間に、入りにくい職場もあるようです。一緒に進めていかなければならない仕事なのに、辛いですよね。

 

  • 頑張った事が評価されない

園児と保護者にとって、とてもいい先生であり、保育の内容も素晴らしく、事務仕事もしっかりこなせる先生がいたとしましょう。

パート保育士では、一律の給与しかもらえません。

仕事ぶりが何か見える形で評価される事はありません。やる気がなくなってしまう事もありますよね。

 

  • 異動や勤務形態の希望が出せない

希望を出しても、

合わないなら辞めてください。」

と、言われることもある。

各家庭の事情にあわせて働き方を変えたくても、一度、決まった仕事内容を変更してほしいと願い出るには、かなりの勇気が必要です。

 

  • 試験勉強する時間がない

自治体に属する公務員保育士を目指しているが、試験に落ちてしまった人もいます。

経験を積むために、パート保育士の道を選んだ人もいるでしょう。

しかし、実際に働いてみると、激務に追われて、試験勉強が出来ない場合も多いのです。

正規職員を目指すために、時間確保のため、パート保育士を辞めようと考える人もいます。

臨時保育士でも、正規職員になれない理由から、退職する人も増えています。

 

  • 都合よく使われる

人手不足の時など、契約内容とは違う仕事に回される事もあります。

「こんなはずでは、なかったのに。」

と、考えて、後悔する事もありますよね。

保育士のパートは雑用ばかり?

 

園によって違うパートの働きやすさ

勤務先を変えるのも1つの手

保育園を変える人
辞める前に、勤務先の園を変わってみるというのはいかがでしょうか?

パート保育士として働いている事に不満がありますよね?

では、
その不満が解消できるならどうでしょうか?

辞めるのとは違う選択肢が増えてきますよ。

一番、手っ取り早くて、
効果的な方法が、勤めている園を変わる方法です。

園を変えると具体的に何が変わる可能性があるのか、見てみましょう。

 

園によって変わるさまざまなこと
  • 時給が高くなる

自治体によって、時給もずい分違うんですね。もちろん、民間と公立の園でも違いがあります。

民間だと時給900円前後、地方自治体だと1200円程度です。

自治体の経済状況により幅があるようです。

 

  • 人間関係が良くなる

園が変われば、働いている人も変わりますよね、もし、今働いている園での人間関係に不満があれば、園を変わってみるのがいいですね。

やっぱり、一緒に働く人ってかなり重要です。

最も簡単に、今の問題を解決できるのでオススメです。

 

  • 仕事の任され方が変わる

始めにお伝えした通り、仕事内容も様々です。

今は保育士不足のために、働き方も多様化しています。

  • 自分の働きやすい時間
  • 働きやすい仕事内容

を選び直してみるのもいいですね。

  • プライベートも優先しやすい、融通のきく園へ
  • お金を稼ぎたいなら、手当がいい園へ
  • 深く関わりたいなら、担任ができる園へ

て感じで選べます。

自分が思う働きやすい園で過ごすことが大切です。

 

  • 園の雰囲気が変わる

例えば、

  • 自分と同じ様な境遇の保育士がいる

子持ちの場合、同じくらいの年齢の子どもがいる保育士がいる園で働けるのもいいですね。

お迎え時間など、一人では言い出しにくいことも、理解されやすいです。

 

  • 自宅からのほどよい距離

今勤めている園の場所によっては、生活しにくい場合もあります。電車ではなく、車通勤の方が良くなりこともあります。

途中で寄りたい場所ができることもあるでしょう。

環境が変わるだけでも、働きやすさが劇的に変わります。

 

  • 園児の家庭環境が変わる

子ども達は、大抵は住んでいる地域に近い園を選んで入ってきます。他にも、職場の隣接保育所もあれば、駅構内の園もありますね。

園によって、通ってくる子ども達をとりまく環境が違うのです。保護者の雰囲気もガラリと変わります。

もしも、今の職場の園児の雰囲気とあなたの思いが合わないならば、他の園で生活するのもアリです。

パートでも要望が言いやすい園へ

パート保育士だからこそ、融通がきく面も沢山ありますよね。

自分の子どもと、職場の行事が重なった時、パート保育士ならワガママを言って、

  • 自分の子ども優先で休みを取れる
  • 働く時間を柔軟に変えれる
  • 副担任のポジションで協力する

など、上げられます。

どの保育園で働くかってことが、大切なんですね。

 

まとめ

パートでも、要望が通りやすい園が増えてきてるんですね。

もちろん、今の園で頑張り続けるのも1つの選択です。でも、他園の状況も調べてみると、自分に合う場所を見つけるきっかけになりますね。

 

今の園に不満があるなら

保育園によって、環境が違う

保育士1年目の仕事
人間環境が、ガラっと変わるんです。

長い時間を過ごすなら、
  • 疲れない雰囲気
  • 自分が出せる環境
  • やりやすい人間関係
ってすごく大事ですよね。

もし、今の園がつらいなら、
別の場所で過ごす自分を想像すると、
悩みが消えてるかもしれません。

自分ですべてやろうとせず、
保育士求人のプロに頼ると、安心です。

\登録、相談は無料です/

急いでるなら「保育ひろば」



  • 転職決定までが早いと評判
  • 最短2日以内の内定もある
  • 派遣やパートの募集も充実してる

↓↓↓

保育ひろばに登録する

 

募集が多く選びやすい「保育士バンク」

  • 求人数がトップクラス
  • 掘り出し案件が多い
  • 10万人以上の利用実績で安心

↓↓↓

保育士バンクに登録する

 

じっくり選べる「保育士情報どっとこむ」

  • 面談で直接、要望を伝えられる
  • 時間をかけて検討したい人向け

↓↓↓

保育情報どっとこむに登録する