紙コップカエル

紙コップでカエルを製作!ストローで動くおもちゃの作り方は?

  • 紙コップでカエルを製作!ストローで動くおもちゃの作り方
  • アレンジ例、注意点
  • 紙コップでカエルを製作!ストローで動くおもちゃのポイント
  • メ紙コップでカエルを製作!ストローで動くおもちゃに参考になる画像集

をまとめました。

 

紙コップでカエルを製作!ストローで動くおもちゃの作り方

必要なもの

紙コップカエル

 

  • 紙コップ
  • ストロー3本(短めがやりやすいです)
  • 画用紙(緑系がおすすめ)
  • はさみ
  • 定規
  • 鉛筆
  • 黒ペン
  • テープ
  • シール(なくてもOK)

 

保育士が準備すること

1.紙コップの底の中心に印をつけて、穴を開ける

紙コップカエル

 

紙コップカエル

 

穴を開ける道具は、鉛筆など使いやすいものでOKです。

 

2.紙コップの側面(左右1つずつ)にも、穴を開ける(底から2cmくらいの場所)

紙コップカエル

 

紙コップカエル

 

穴を開けた場所の反対側の面にも、穴を開けましょう!(合計3ヶ所)

 

3.開けた穴を、ストローが通る大きさに広げる

紙コップカエル

 

はさみなどを入れると、広げやすくなります。

 

4.ストローの下から8cmのところに印をつけ、2本一緒に切る

紙コップカエル

 

紙コップカエル

 

2本まとめて切ると、ズレが少なくなるのでおすすめです。

 

5.もう1本のストローは、下から7cmくらいのところに印をつける

紙コップカエル

 

このストローは切らずにそのままでOKです。

 

6.5のストローのじゃばら部分を伸ばし、底の穴から通す

紙コップカエル

 

紙コップカエル

 

ストローを通した際に、穴が緩すぎないかなども併せて確認しておきましょう。

 

7.4で切ったストローを横から通し、真ん中のストローにつけた印部分で固定する

紙コップカエル

 

紙コップカエル

 

少しやりにくいですが、印に合わせてテープで固定してくださいね!

これで、土台は完成です。この後のカエルのパーツ作りは、年齢に合わせて子どもと行いましょう。

 

子どもがする作り方手順(幼児〜がおすすめ)

1.画用紙にカエルの顔と手を描く

紙コップカエル

 

難しい場合は、保育士が形を描いたり、見本を見せたりしましょう。パーツのサイズごとに、切った画用紙を用意してもOKですよ。

ポイントは、目の部分を大きく描くことです!

 

2.描いたカエルの顔と手をはさみで切る

紙コップカエル

 

こちらも難しい場合は、保育士が援助しましょう。予め小さめの画用紙に描いておけば、切らずに貼り付けるだけでもOKです。

 

3.カエルの目や口を、シールを貼ったり描いたりする

紙コップカエル

 

シールがない場合は、直接描いても大丈夫です。

赤いシールを半分に切れば、口のようにもなるので、おすすめですよ。

 

紙コップカエル

 

4.カエルの顔と手を、ストローにテープで貼り付ける

紙コップカエル

 

貼りにくい場合は、保育士が援助しましょう。貼る際に、ストローを潰すと貼りやすくなります。

 

5.完成

紙コップカエル

 

できあがりです。

じゃばら部分が擦れると、カエルの鳴き声のようになりますよ!

何度か動かしていると動きもスムーズになります。

 

動画でもわかりやすくまとめてます!

 

紙コップでカエルを製作!ストローで動くおもちゃアレンジ例、注意点

  • 紙コップやカエルの顔をアレンジ

紙コップカエル

 

今回はシンプルに作りましたが、紙コップに絵を描いてもOKです。

カエルの洋服に見立てたり、好きな絵を描くだけで個性豊かな作品になりますよ。

また、顔部分も子どもたちに自由に描かせると楽しいかもしれませんね。

 

穴の大きさに注意!

紙コップカエル

 

この紙コップカエルは、穴にじゃばら部分が擦れて音が鳴る楽しさがあります。

そのため穴が大きすぎると、スカスカになってしまい、音が鳴らなくなってしまいます。

キツすぎても子どもの力では難しいかもしれないので、穴の大きさは事前にしっかりと確認しておきましょう!

 

紙コップでカエルを製作!ストローで動くおもちゃのポイント

梅雨時期などにピッタリ!

紙コップカエル

 

紙コップカエルは簡単に作れるので、雨の日の活動に悩んだ時にもおすすめの製作です。

特に梅雨時期であれば、カエルの時期とも重なるので、興味を持つきっかけになるかもしれませんね。

実際のカエルの鳴き声と聞き比べても、楽しいですよ!

 

紙コップでカエルを製作!ストローで動くおもちゃに参考になる画像集

  • ストロー1本バージョン

 

こちらはストローを1本にして、同じ場所に手と顔をつけた作品です。

この形ならば、作業が簡単なので、土台部分を子どもが作れるかもしれませんね!

 

  • 紙コップの向きを変えて…

 

紙コップの向きを変えて、カエルの口を動かすような形にした作品ですね。

口を動かして、本当に鳴いているようにも見えるので、こちらも面白いかもしれません。

 

まとめ

  • 紙コップとストローを使って、カエルの動くおもちゃが作れる(鳴き声付き)
  • 紙コップに絵を描いたり、カエルの顔をアレンジしたりもできる
  • 穴の大きさは、事前に確認しておくと良い
  • 梅雨時期にピッタリなので、雨の日の製作活動におすすめ!

新人保育士向け!Youtubeチャンネル開設

保育士1年目のトリセツYou Tubeチャンネル

保育園で使える役立つ

  • 工作
  • イラスト
  • 遊び

が動画がたくさん詰まっています!

記事では伝わりずらい内容を、わかりやすく動画で伝えています。

保育士1年目のトリセツのYoutubeチャンネル

保育アイデアが多数あり!

↓↓↓

You Tubeチャンネルを見てみる

 
 
 

スポンサーリンク