保育士になりたくない!

保育士になりたくない

  • 就職したくない理由
  • あきらめる前に考えること

をまとめました。

 

保育士になりたくないと思ったきっかけ

  • 保育実習で大変さを目の当たりに

現場を知り落ち込む
子どもが好きで、夢に描いていた保育士。

実習を重ねる度に、だんだんと具体的な仕事内容が見えてきます。
そして、仕事の大変さや責任の重さを痛感してしまうことがあります。

よく保育の仕事を知らない人に、子どもと遊んでいるだけで楽そうと言われたことがあります。しかし、大きな間違い。遊びを広げながら、子どもたちとコミュニケーションを取ることは大切です。

加えて、お母さん的な役割を担い、生活面での成長や人格形成に重要な時期をサポートしていく大事な仕事があります。

一人ひとりの成長に合わせた目標を立て、子どもの成長を促していく役割が想定を超えて、重荷になってしまうこともあります。

保育士向いてない?実習や1年目で感じたリアルな体験談

 

  • ニュースで見る保育士の現状

最近は、待機児童の問題で、よくニュースで保育園や保育士について、取り上げられるようになりました。

騒音問題などがいい例ですね。

ニュースを目にしたときに、

  • 過酷労働
  • 賃金の低さ
  • たくさんのトラブル

悪い姿だけ想像し、断念してしまうこともあるのではないでしょうか。

 

  • 保育現場の声

大学の先輩や実習先の先生など、現場の声を聞いて、保育士になることをためらう人もいるのではないでしょうか。

連絡ノートや成長の目標や記録などの書き物の多さ、日々の保育や行事の準備で残業したり、持ち帰りの仕事などです。

そして、

など、頭を悩ませている先輩たちが多い現状です。
実際の現場の声を聞くことで、不安も倍増してしまいそうですよね。

保育士で苦労したこと大変だったことの声

 

  • 人前に出る恥ずかしさ

子どもたちのリーダーとして、前に立ってピアノを弾いたり、手遊び、ゲーム、お遊戯のお手本をしなくてはなりません。

時には、大勢の保護者の前に立つ機会もあるでしょう。大学でもそのようなことを想定し、授業の中で人前に出て、発表することもあるのではないでしょうか。

堂々と発表できる人を見ていて、私は緊張してうまく表現できないし、保育士に向いていないなどと思ってしまうかもしれません。

実際に就職したくないと思う、具体的な理由はなんなのでしょうか?

 

就職したくない5つの理由

職場内の人間関係

保育士に就職したくない人
現在は、男性保育士も増えてきましたが、まだまだ女性の多い職場です。

女性が集まると、人間関係のトラブルは多い傾向があります。

ちょっとしたことがきっかけで、主任や園長に嫌われ、輪から外されてしまったりすることも。いくら子どもが好きで、仕事を続けたいと思っても、辛くなってしまうでしょう。

 

命を預かる重い責任

保育園での事故のニュースも見かけます。小さな子どもの命を預かる仕事です。働く保護者が安心して、預けることができるような環境づくりに、努めなくてはなりません。

子どもに怪我をさせてしまったり、最悪の場合、死亡させてしまうことは、決してあってはなりません。

子ども同士の引っかき傷や噛まれてしまった跡など、首から上の怪我は、すぐに病院を受診し、保護者に謝罪をします。そのため、常に目を光らせておかなければなりません。

責任の重さが、保育士を遠ざけてしまう原因になりかねません。

保育士にならない理由は?進路変更した訳

 

隣の芝は青い

子どもが好きだからといって、保育士しか選択肢がないわけではありません。

実習や経験談を聞いて、違う形で子どもと関わりが持てる他の仕事に、目を向けることもあるでしょう。

絵本会社やおもちゃ会社、子ども服やグッズ販売などです。必ずしも保育士という職業を選ばなくても、「子どもに関する仕事ができればいいと」他の仕事に目を向ける場合もあるでしょう。

でも、楽な仕事なんてないって点は、頭に入れておきましょう。

 

労働条件や環境

保育士不足によって、休みが少なく有休を取りづらいです。

また、給与の低さが原因になることもあります。やはり、労働環境が整っていなければ、
どんなに仕事内容が魅力的でも、就職をためらってしまう気持ちもわかります。

 

仕事の膨大さ

保育の時間以外にも残業をしたり、持ち帰りの仕事など多くあります。

膨大さに少ない休みを削られてしまうことへの恐れから、保育士を諦める人もいるでしょう。

仕事を効率よくできないと、睡眠時間やプライベートの時間も減り、
体力的にも精神的にも辛いと感じてしまうかもしれません。

 

あきらめる前に考えること

あきらめる前に考える

働いてみないと分からない

ニュースや現場の経験談を聞いて、不安が増すこともあるかもしれません。でも、働いてみないことには、分からないことが多いです。

今は、書き物が多いことを、改善しようと減らしている園もあります。パートさんを増やして、人数不足に対応し、作り物などの作業を分担するなど、負担を軽減するための工夫を行っているところもあります。

 

園によって環境はさまざま

多少の人間関係の問題はどこもあると思いますが、全ての園がドロドロしているとは限りません。

やはり、職員の人数が多ければ多いほど、職員同士が心を通わて、仕事をするには時間を要します。

 

個人的な経験談
  • 保育園Aの場合

勤務時間もバラバラ、担当クラスも多く、土曜出勤のによる平日の代休などの理由で、一日まったく見かけない先生もいました。

とくに乳児と幼児クラスは、ほぼ接点がなく、コミュニケーションが取れるようになるまで、半年くらいかかりました。

  • 保育園Bの場合

ほぼ勤務時間が同じで、預かり保育をやっていても担当者がコロコロ変わりました。

通常保育後には、職員室で、誰とでもコミュニケーションを取ることができる環境でした。人間関係を良好に築きやすく、働きやすい環境であると感じました。

園の環境によっても変わってくると思います。また園見学の際に、施設の設備はもちろんですが、職員同士連携し、和気あいあいと保育をしている様子が見られたら、安心できるでしょう。

正直、場所によって全然違うんですね。

 

どう学んだことを生かすか考える

大学で授業や実習などで、保育についてたくさん学んできたことを、無駄にしてしまっても、いいのでしょうか。仕事は自分のやりたいことをするのが

1番だと思います。1度は、保育士を目指して保育科に入学しました。人から聞いた情報だけで保育士の夢を諦めてしまっては、勿体無いと思います。

保育士の資格は、一生ものです。卒業後に他の職業についたとしても、1度は働いてみることをお勧めします。

 

資格を生かせる場所を広げる

保育士の資格を持っていれば、様々な場所で働くことが出来ます。

  • 企業内にある託児施設

民間の企業が運営していることが多いので、労働環境が幅広いです。

  • ベビーシッター

家庭内でお預かりするサービスです。

病児保育では、施設内で預かる場合とご自宅を訪問する場合とがあります。

  • 学童保育
  • 児童館
  • 乳児院
  • 児童養護施設

など保育の経験がないと就職が難しいところもあります。

でも、まずは保育園に勤めてみて、自分にはこの先続けていく自信が持てなくなったとき、
他にも選択肢があることを知っておくことで、心に余裕ができるかもしれません。

 

まとめ

保育士といった職業は、子どもの命と安全を守り、責任の重い仕事だと感じるかもしれません。

でも、子どもとの信頼関係や絆、成長を傍で見られることの幸せ、毎日を子どもと過ごす充実感など、お金には変えられない多くのかけがえのない経験を、させてくれます。

改めて一度、保育士に向いているか、診断チェックしてみてもいいですね。

保育士に向いている人がわかる診断

 

 

 

今の園に不満があるなら

保育園によって、環境が違う

保育士1年目の仕事
人間環境が、ガラっと変わるんです。

長い時間を過ごすなら、
  • 疲れない雰囲気
  • 自分が出せる環境
  • やりやすい人間関係
ってすごく大事ですよね。

もし、今の園がつらいなら、
別の場所で過ごす自分を想像すると、
悩みが消えてるかもしれません。

自分ですべてやろうとせず、
保育士求人のプロに頼ると、安心です。

\登録、相談は無料です/

急いでるなら「保育ひろば」



  • 転職決定までが早いと評判
  • 最短2日以内の内定もある
  • 派遣やパートの募集も充実してる

↓↓↓

保育ひろばに登録する

 

募集が多く選びやすい「保育士バンク」

  • 求人数がトップクラス
  • 掘り出し案件が多い
  • 10万人以上の利用実績で安心

↓↓↓

保育士バンクに登録する

 

じっくり選べる「保育士情報どっとこむ」

  • 面談で直接、要望を伝えられる
  • 時間をかけて検討したい人向け

↓↓↓

保育情報どっとこむに登録する