おたより帳を書くコツ

保育士でおたより帳を書く時のコツは?

  • 保育士でおたより帳を書く時のコツ
  • 保育士でおたより帳の書き出しの例
  • 保育士でおたより帳を書く時の注意点
  • おたより帳で使ってはいけない表現の例

をまとめました。

保育士でおたより帳を書く時のコツは?

丁寧な字を心がける

おたより帳を書くコツ

字で思いは伝わるもの。できるだけ丁寧な字で書く

「字が下手だから…」と心配しなくても大丈夫。
いくら字が上手な人でも、丁寧に書いていなければ、保護者には伝わるものです。

短時間で、おたより帳を書く必要があり、大変ですが、できるだけ丁寧な字を心がけましょう。

 

子どもの様子をできるだけ詳しく書く

子どもの様子が浮かんでくるよう詳しく書くようにしましょう。

その日の子どもの様子を、淡々と書くだけでは、うまく伝わりません。保護者は、子ども達がどんな風に園で過ごしたのか、知りたいもの。

例えば、「今日は園庭で遊びました。」だけでは、何をして遊んだのか、1人で遊んだのかなどが分かりません。

「今日は、園庭に出て○○ちゃんと一緒に、砂場で山を作って遊びました。」

園庭で遊んでいた様子が、頭に浮かんできますよね。

 

文章の終わりが連続して同じにならない様に

「です」や「ます」を連続して書かない様にしましょう。

例えば、「今日は園庭で○○ちゃんと遊びました。二人で笑い合いながら楽しそうに追いかけっこをしていました。お給食もたくさん食べました。」

「~ました。」が続いて、読みにくいですよね。

下記のように書くと良いでしょう。

「今日は園庭で○○ちゃんと追いかけっこをして遊んでいました。二人で楽しそうに笑い合っている姿は、とても微笑ましかったです。たくさん走ったので、お腹が空いていたのでしょうね。お給食もたくさん食べていました。」

保育士側の気持ちなども入れると、より伝わりやすいです。

 

保育士でおたより帳の書き出しの例

  • 給食を残した時

書き出し例

なぜ残したのか、どのくらい残したのかを具体的に書くといいでしょう。

「今日は、○○が苦手だったようで、一口食べて残しました。」

残した理由を伝えることで、子どもの苦手な物を、保護者と共有できます。

また、どのくらい残したのかを把握することで、

「夕飯は少なめの方がいいかな」
「いつもより食べるかな?」

など、予測することができるからです。

 

  • 友達に手を出してしまった時

どんな場面で、なぜ手を出してしまったのかを具体的に書くといいでしょう。

「お友達と、おもちゃの取り合いになり、うまく言葉で伝えられず、叩いてしまいました」

保護者は、友達と仲良く遊んで欲しいという気持ちがあるもの。

手を出してしまった、とおたより帳に書かれていると、とても不安になります。
理由が書いていないと、「どうして叩いたの?」と、子どもに問い詰めてしまう可能性もあります。

うまく言葉で伝えられず、手が出てしまうということは、大抵の子どもが通る道です。

「言葉でうまく伝えられない年齢なので、どのように伝えたら良いのか、園でも伝えていきたいと思います。」などと、保護者が、不安にならないように補足できると、なおGOOD。

 

  • 何かできるようになった時

子どもの成長は嬉しいもの!保育者も一緒に喜びを感じていることを表現しましょう。

「今日は、○○ができるようになりました」

先にできたことを書くことで、「どんな風にできたんだろう?」と続きを読みたくなります。子どもの成長を一緒に喜んでくれた!というのは、保護者にとって、とても嬉しいことです。

 

  • けがをしてしまった時

けがをした箇所や、原因を書くといいでしょう。

「園庭で走っている時に、転んでしまい、左ひざをすりむいてしまいました」

ここで気を付けたいことは、けがをしたときには、おたより帳だけでなく、口頭でも伝えた方が良いということです。

けがの具合にもよりますが、特に首から上のけがは気になってしまうもの。
文章だけだと、保護者は不信感を抱いてしまう可能性があります。

口頭でも伝えることで、「ちゃんと先生は見ていた」、と安心できると思います。

どんな場面で、どんな風にけがをしてしまったのか、詳しく伝えましょう。

 

  • お願いがある時

お願いごとを一方的に書くのは、あまり印象がいいとは言えません。

「いつもご協力ありがとうございます。引き続き、持ち物に記名をお願いします」

最初に感謝の気持ちを伝える事で、相手はお願いごとを受け入れやすくなります。

 

保育士でおたより帳を書く時の注意点

書く時の注意点
ある程度、頭の中で、内容を決めてから書く

おたより帳を書く人数は、1人や2人ではありませんよね。

でも、1人1人に時間をかけるわけにはいきません。

また、ボールペンで書くことが多いもの。

間違えると修正テープなどを使うことになるので、あまりに訂正箇所が多いと、見にくくなってしまいます。

 

保育士でおたより帳で使ってはいけない表現の例

子どもが悪い、というニュアンスが伝わるような書き方は止めましょう。

使ってはいけない表現例

「お友達と遊んでいて、○○ちゃんがおもちゃを取ってしまい、叩かれてしまいました。」

この説明だと、保護者は、自分の子どもがおもちゃを取ったせいだ、と受け取りかねません。

実際はそうかもしれませんが、責められている感じがしてしまいます。

そんな時は、このように書くといいでしょう。

「お友達が使っていたおもちゃを、○○ちゃんが使いたかったようですが、うまく言葉で伝えられず、取ってしまったようです。その時に、こちら側がサポートできれば良かったのですが、間に合わずに、叩かれてしまいました。その後は、お互いの話を聞き、納得してくれたようです。」

だいぶ印象が変わると思います。
先生がちゃんと見てくれていた、きちんと対応して解決できた、と伝わるので、保護者も安心するでしょう。

上から目線になるような言葉遣いには気を付けましょう。

保護者との関係性や、保育者の年齢にもよりますが、できるだけ丁寧な言葉遣いを使うように気を付けましょう。

「髪の毛が長くて、活動に支障がでるので、必ず結んで下さい。」

これでは、威圧感があり、嫌な印象を受けてしまいます。

「○○ちゃん、だいぶ髪が伸びてきましたね。お絵描きをする時に、髪で暗くなってしまい、画用紙に目を近づけてしまうことがあります。お忙しいとは思いますが、結んできていただけると助かります。よろしくお願いします。」

園での活動でこんな時に大変です、と具体的に書き加えるだけで、保護者は子どものために「結ばなきゃ」と思うものです。

お願いごとも受け入れやすくなるのではないでしょうか。

 

まとめ

  • 保育士でおたより帳を書く時は、丁寧な字で子どもの様子を詳しく
  • 文字の終わりが連続して同じにならないように
  • 文章の書き始めは、書く内容によって工夫を
  • 子どもが悪いと受け取られるような文章や、上から目線のような言葉遣いは避ける

今の園に不満があるなら

保育園によって、環境が違う

保育士1年目の仕事
人間環境が、ガラっと変わるんです。

長い時間を過ごすなら、
  • 疲れない雰囲気
  • 自分が出せる環境
  • やりやすい人間関係
ってすごく大事ですよね。

もし、今の園がつらいなら、
別の場所で過ごす自分を想像すると、
悩みが消えてるかもしれません。

自分ですべてやろうとせず、
保育士求人のプロに頼ると、安心です。

\登録、相談は無料です/

登録、相談は無料です!

↓↓↓

保育士求人サイトに登録する