フリー保育士を一年目にやるって大変?

フリー保育士の1年目

  • フリー保育士を一年目にやるって大変?
  • 新人のフリー保育士の役割がわかる3つのポイント
  • フリー保育士としての目標

をまとめました。

 

フリー保育士を一年目にやるって大変?

  • いきなり幅広い年齢を見るのは、かなりきつい

幅広い年齢を見る保育士
フリー保育士は、0歳児~5歳児まで、幅広い年齢を見ることになります。もちろん、年齢によって保育の内容は違いますよね。

なので、それぞれのクラスの保育を、理解しておく必要があります。

例えば、2歳児のクラスであれば、トイレトレーニングが必要。午前中だけパンツで過ごす、という子もいます。1人1人のトレーニングの進み方を、聞いておかなければいけません。

また、クラスによって季節の歌も違ってきます。どの歌でもある程度弾ける、ピアノのスキルも必要になります。

新卒の保育士は、まだ保育の引き出しがない状態です。なので、幅広い保育に対応するのはとても大変なんです。

 

  • 園全体の子どもを把握する時間がない

保育園にはいろんな子どもがいます。たとえば、

  • 熱性けいれんを起こしやすい子
  • 服薬や、塗り薬が必要な子
  • アレルギーを持っている子
  • 気持ちが不安定な子
  • かみつきやすい子

など、様々です。

中には、命に関わる持病を抱えている子もいます。なので、
クラスに入る際は、1人1人の健康状態や、特徴をしっかり把握しなくてはいけません。

新人のフリーの立場として、先輩保育士の代わりに

何事もないように過ごすのは、とても負担が大きい

ものです。心も体も、とても疲れます。

 

  • 業務内容が幅広く、消耗しがち

フリー保育士の主な業務内容は、担任の代わりに保育をすることです。ですが、保育以外にも、仕事はたくさんあります。たとえば、

  • 園内の掃除
  • おもちゃの消毒
  • 行事や保育で使用する製作物の準備
  • 草むしり
  • 備品の点検

など、雑用とも思えるような仕事もします。「保育士なのに雑用ばかり・・・」と愚痴をこぼしたくなりますよね。

ですが、掃除も製作も必要な仕事なんですよね。

クラスをもたないので、書類が少ないのは、嬉しいポイント。でも、体を動かす仕事が多いので、体力的には辛いこともあります。

保育士は雑用ばかり?乗り切る3つの考え方

 

  • 持ちの切り替えが難しい

いろいろなクラスへ入るので、たくさんの子どもと触れ合うことができます。ですが、毎日同じ子どもと触れ合えるわけではありません。つまり、信頼関係を築くのが難しいのです。

「○○先生がいい!」と、サポートを拒否されることもあります。また、担任ではないからと、言うことを聞かないこともあります。

フリー保育士だから仕方ないことですよね。ベテラン保育士であれば、うまく切り替えられるでしょう。ですが、新人保育士は、すべてを重く受け止めてしまうことがあります。

「子どもに嫌われているのかな・・・」
「保育士に向いてないのかな・・・」

と、マイナスに考えてしまうのですよね。

そして、マイナスに思っているうちに、苦手なクラスができてしまいます。苦手意識をもってしまうと、サポートに入るのが辛くなるんです。

「辞めたい」と感じてしまうことも、ありますよね。

 

新人のフリー保育士の役割がわかる3つのポイント

担任不在のときのフォロー

担任保育士が不在の時のフォロー

フリー保育士にとって、1番大きな役割といえます。

担任が休みや研修などで、不在のときにクラスに入り、代わりに保育をします。前もって不在だと分かるときもありますが、体調不良などで、急にクラスに入ることもあります。なので、フリー保育士は担任にとって、とても助かる存在といえますよね。

また、クラスによって、担任が1人のクラスもあれば、複数担任のクラスもあります。担任が1人のクラスの場合、メインとして保育を行います。

 

保育中の補助

担任がいるときでも、必要に応じて補助に入ります。

特に、低年齢のクラスでは、着替えや排せつなど、身の回りのことを行うために、補助が必要になります。

フリー保育士は、補助が必要なときにサポートする、お助けマンなんですね。

他にも、

  • 散歩や遠足のときに、危険がないように全体を見る
  • 製作のとき、うまくできず、困っている子どもをフォロー
  • 体調がすぐれず、外遊びができない子どもを、室内で保育
  • 気持ちが不安定な子どもに、声かけ
  • トラブルが多い子を近くで見守り、未然に防ぐ
  • 担任が次の活動の準備をしている間、絵本などで子どもをひきつける

など、担任だけでは手が回らないところに、さっと入ってサポートします。

特に、入園児が多い4月や、連休明けは、常にSOSがくるほどなんです。

なので、各クラスの状況を、瞬時に把握する力が求められます。

 

園内の環境構成

園内の環境を整えることも、大切な役割です。

玄関ホールや廊下に、季節を感じるような飾りを作ったりします。保育室の飾りは、担任の仕事になります。ですが、忙しく手が回らないときは、フリー保育士が作ったりします。

あいた時間には、運動会や夏祭りなどの行事の準備もします。

また、園内をキレイに保つことも、環境構成になります。

  • 汚れているところを掃除
  • 草むしり
  • 遊び道具の消毒

をしたりと、やることはたくさんあるんですね。

 

フリー保育士としての目標

  • いろいろな保育を学ぶ

絵本の読み聞かせ
年齢や、担任の指導方法によって、保育のやり方はそれぞれです。フリー保育士は、客観的な立場で、いろんな保育を見ることができるんですね。

「こういう声かけの仕方があるんだ」
「この活動を真似してみたい」

など、得られるものは、たくさんあります。

自分の引き出しを、たくさん増やせるきっかけになります。今後、担任になったときに、必ず役に立ちます。

 

  • 臨機応変な対応を身につける

保育には、変化やトラブルがつきものですよね。なので、急に活動内容が変わることがあります。また、子どもの予想外の動きによって、トラブルも発生します。

その場の状況をすぐ把握し、適切な対応ができる力が身に付きます。

 

  • 頼られる存在になる

フリー保育士は、お助けマンとして、担任にとってはとてもありがたい存在です。また、園全体の状況も把握できるので、一番頼りになるんですよね。

新人のフリー保育士にとって、
安心して先輩保育士に頼ってもらえるのは、大きな目標の1つではないでしょうか。

 

まとめ

  • 新人にとって、フリー保育士という立場は、大変なことが多い
  • 担任が不在なときに、代わりに保育を行うのが、主な役割
  • 保育士として、スキルアップができる

 

今の園に不満があるなら

保育園によって、環境が違う

保育士1年目の仕事
人間環境が、ガラっと変わるんです。

長い時間を過ごすなら、
  • 疲れない雰囲気
  • 自分が出せる環境
  • やりやすい人間関係
ってすごく大事ですよね。

もし、今の園がつらいなら、
別の場所で過ごす自分を想像すると、
悩みが消えてるかもしれません。

自分ですべてやろうとせず、
保育士求人のプロに頼ると、安心です。

\登録、相談は無料です/

登録、相談は無料です!

↓↓↓

保育士求人サイトに登録する