保育士は有給とれない?

有給を取得したいと考える

  • 消化率が悪い原因
  • 有給以外の休暇の取得率

をまとめました。

 

保育士は有給とれない?

  • なかなか消化しにくい!

保育士で有給が取れない人

保育士さんにも、もちろん有給はあります。でも、なかなか消化しにくい状況にあります。

有効的に有給を使って、「もっと自分の時間を作りたい」という声が多くあるのです。

 

  • 続けて有給を取りづらい環境

出来ることなら有給を使って、海外旅行に行くなどのんびりしたいと思うでしょう。

でも、長期間有給を取ると
シフトが回らなく心配もありますよね。続けて有給が取れないのなら、いらないと思う人もいるかもしれません。

取りずらい環境があるため、有給を取得している人が少ないんですね。

  • なぜ保育士の有給消化率は、低いの?
  • 取れないことには、原因はあるの?

例えば以下の理由が考えられますね。

 

有給消化率が悪い3つの原因

有給消化率が低い原因を考える人

人員が不足している

保育士の数がギリギリで運営しているため、有給を取るのは難しいこともあります。有給を希望したとしても、人員不足を理由に承諾してもらえない園もあるのです。

緊急時のみしか取得できない

体調不良や病院の通院などを有給扱いにする園もあります。

私的な用事では、有給を取りづらい状況にあるのです。

 

上の人で、有給を取る人が少ない

先輩が取得していれば、有給を取りやすい状況になります。でも、先輩が取得せずに働いているのに有給を取ると、あとで陰口を言われてしまいそうで、嫌ですよね。

周りの保育士が有給をあまり消化していない環境だと、自分だけ取ることはできないですよね。

もし取得したとしても「有給を取らずに働いているのに」と陰口を言われてしまうかもしれません。

行事が盛りだくさん だから

保育園にはあらゆる行事が、毎月あるでしょう。

行事のときに休むことはできませんし、
準備で忙しい時期には取りづらい環境になってしまいますよね。

祝日も仕事をする理由を、以下で詳しくまとめています。

保育士の休みは少ない?祝日も仕事をするってホント?

 

有給以外の休暇の取得率は?

シフトの休み

  • 土曜保育を実施してるなら、取得しずらい

休暇に不満を抱く人
基本的には、週休2日制のシフト勤務だという人が多いのではないでしょうか。

土曜保育を実施していて、出勤したとしても平日に休暇が振り返られるでしょう。土曜保育が半日出勤の場合は、平日の休みも半日になってしまいます。

開園日が多い=現場が忙しい

ってことにつながりますので、休暇も取りずらい傾向にあるんですね。

以下の園だと、さらに休みが取りずらい可能性が高いです。

 

  • 土日も開園している

最近では、土日も保育園が開いているところもあります。シフトは、必ず休暇が取れるように組んでくれます。

でも、病欠の保育士さんが出た場合などは、シフト休みも取れないこともあります。

 

  • 24時間体制の保育

24時間預かってくれる保育園もあります。夜勤することになりますが、基本は、シフト制で必ず休暇が取れるようになっています。

ただ人員不足によって、シフト以外の勤務を強いられることもあるかもしれません。

 

夏季休暇

  • お盆期間中も開園している場合は、難しい

保育園では、8月のお盆期間中でも、預かり保育を行っていることも多いです。

普段どおりのシフト制になってしまい、夏季休暇を取ることは難しくなります。

 

  • 1日に休める人数が決まっている

夏季休暇は、多くの保育士さんが取得したいと思いますよね。でも、先輩保育士から夏季休暇を申請していくので、なかなか自分の希望する日に取れない状況もあります。

夏季休暇は、長期的に取って海外旅行などへ行きたいという人もいますよね。でも、全員の保育士さんが順番に休暇を取っていきます。シフトの問題から続けて取ることは、難しいですよね。

 

年末年始

  • 年末年始も開園している場合も、休みずらい

保護者のニーズに合わせて開園しているところもあるでしょう。シフト制で担当することになりますので、休みたくても休めないですよね。

以下の問題が発生するからですね。

 

  • 休暇を取りたい保育士が集中する

年末年始は、休暇を取りたいと思う人が多いですよね。でも、みなが休暇を取ることはできません。人員不足によって、申請が通らないということもあるでしょう。

休園日と決まっていたらいいのですが、社会のニーズに答えようとする園も増えてきています。

もし、年末年始も子どもを預けられる園を選ぶ場合は、
休暇状況には十分、注意したいですね。

 

まとめ

有給を消化したくても、なかなかできないという人も多いですよね。

保育園の環境によっても違ってくるようです。消化できなかった有給を来年に繰り越しできるところもあれば、消えてしまうところもあるのです。

どの園でも有給を消化しやすい環境になることが1番ですよね。

 

 

今の園に不満があるなら

保育園によって、環境が違う

保育士1年目の仕事
人間環境が、ガラっと変わるんです。

長い時間を過ごすなら、
  • 疲れない雰囲気
  • 自分が出せる環境
  • やりやすい人間関係
ってすごく大事ですよね。

もし、今の園がつらいなら、
別の場所で過ごす自分を想像すると、
悩みが消えてるかもしれません。

自分ですべてやろうとせず、
保育士求人のプロに頼ると、安心です。

\登録、相談は無料です/

募集が多く選びやすい「保育士バンク」

  • 求人数がトップクラス
  • 掘り出し案件が多い
  • 10万人以上の利用実績で安心

↓↓↓

保育士バンクに登録する

 
 

じっくり選べる「保育士情報どっとこむ」

  • 面談で直接、要望を伝えられる
  • 時間をかけて検討したい人向け

↓↓↓

保育情報どっとこむに登録する

 
 

急いでるなら「保育ひろば」



  • とにかく急いでいる人にピッタリ
  • 派遣の募集が多い
  • お祝い金がもらえる

↓↓↓

保育ひろばに登録する