保育士だけど声が出ない!
no-voice

  • 声が枯れた時に治す方法
  • 小さい声を改善するコツ
  • 保育士だけど声が出ない時の対応

をまとめました。

声が枯れた時に治す方法

枯れた声をケア

  • 紅茶うがいやはちみつ試す

紅茶うがいをするコップ
日常的にできる対処法として、

  • 紅茶でうがい
  • はちみつをなめる

方法があります。

抗菌作用もあるので、少しずつ改善されるかもしれません。

  • オリーブオイル
  • 大根はちみつ
  • のど飴

など、喉に効く食べ物って意外に多いんですね。

喉スプレーなどは 保育中も使用できますよね。

日常でできることから、始めてみるのもいいと思います。

 

予防法

  • マスク着用

感染症などが流行ると、保育士の感染を予防するため、マスク着用をする園も少なくないと思います。

声が出ない時、

  • 一番の問題は、乾燥すること

常に喉をうるおすことで、負担を減らしてくれます。

子どもに、常に表情が見せられないのは、寂しいので、状況に応じて着用したいですね。

 

小さい声を改善する3つのコツ

  • 意識して訓練してみる

小さい声を大きくする訓練

  • たくさん笑う
  • あくびの時に声を出す
  • カラオケで思いっきり歌う

などいろいろあります。

笑う時、あくびをした時は、声が出やすいんですね。

また、カラオケに定期的に行くと、声量が上がます。

でも、

「実際に変化があったかわからない!」

ってことが多いですね。

そのため、自分の声を録音しておくことをおすすめします。

小さな違いに気づけ、継続的に訓練できるはず。

 

  • 相手の音量に合わせてみる

話をしている相手が

  • 小さめなら小さめの声
  • 大きめなら大きめの声

を出すと、自然と声量が合ってきます。

声量をコントロールするだけでなく、相手に合わせるという方法ですね。

一定の音域を使うのではなく、
さまざまな音域を使うことで、声の出し方にも影響するんです。

 

  • ボイストレーニングをする
  • あくびをするぐらいの口を開ける

など、少しずつ感覚をつかむ練習をすると、自然と口の奥が開いて声を出せるようになります。

また、肺活量が少ないと声量もなくなります。そのため、肺活量を鍛えるといったトレーニングも有効ですね。

 

保育士だけど声が出ない時の対応

  • 声を出さず、別で代用

声を出さずに頑張る保育士

  • ピアノが上手なら、楽器演奏の時間を長く
  • 工作が得意なら、制作で見せる

など、
声を使わないでも、楽しませることができます。

工夫ひとつで、子どもたちの世界も広げることができますよね。

楽器ができると助かることも増えます。

 

  • 補助に入ってもらう

あまりにもムリに声が出しをすると、声帯ポリープなどの病気につながったりします。

他の先生に助けてもらう方法も、視野に入れましょう。

「体調不良はお互い様!」

と少し割り切ってお願いしてみると、自分自身も少し気が楽になりますよね。

枯れたときは、やはり一番は安静です。

ゆっくりと休めるということも、体調管理のひとつとしていい方法かも しれません。

 

  • 小規模園へ職場を変える

保育士資格は、病院に併設された院内託児所などの小規模園でも働けます。

保育士は常に声を出して、子どもたちと関わります。

でも、無理な声出しをしていると

少しずつ枯れ

慢性化

悪化する

などと、体にもよくありません。

小規模園であれば、喉の負担も少ないです。

声量に自信がもてない人も勤務しやすいのではないでしょうか。

園の環境に、合う合わないはさまざま。

無理をせずに、環境に合った働き方を選択するのも1つの手ですね。

 

まとめ

保育士だからといって、みんな声に自信がある人ばかりではありませんよね。

どうせなら自分らしく、保育士を楽しみたいですね。

今の園に不満があるなら

保育園によって、環境が違う

保育士1年目の仕事
人間環境が、ガラっと変わるんです。

長い時間を過ごすなら、
  • 疲れない雰囲気
  • 自分が出せる環境
  • やりやすい人間関係
ってすごく大事ですよね。

もし、今の園がつらいなら、
別の場所で過ごす自分を想像すると、
悩みが消えてるかもしれません。

自分ですべてやろうとせず、
保育士求人のプロに頼ると、安心です。

\登録、相談は無料です/

登録、相談は無料です!

↓↓↓

保育士求人サイトに登録する