保育士の体調不良で退職する理由を考える

保育士の体調不良で退職する理由は?

  • 保育士の体調不良で退職する理由
  • 体調不良で休むと迷惑がかかるワケ
  • 休めない時の対処法
  • 体調不良で辞めたほうがいいい例、悪い例

がわかります。

 

保育士の体調不良で退職する理由は?

うつ病

女の世界で精神的に追い詰められやすい

保育士の体調不良で退職する理由は女社会

男性の保育士は、まだまだ少数のため、保育の現場は女の世界であります。

そのため、女性特有の人間関係のトラブルが多く、一緒に組む先輩や上司からいじめられる話をよく聞きます。

厳しい指導、陰口に耐えながらの保育。また、機嫌によってコロコロ言うことが変わるような上司だと、顔色を伺わなければなりません。

相当なストレスになり、うつ病で体調を崩してしまうことも。

 

保護者との関係で、悩むことも

保育士は、子どもだけでなく、保護者と良い関係を築くことも、重要な仕事。

でも、言葉が足らずで、ちょっとしたことでこじれやすいもの。

また、子どもを思うばかりに

  • 無理な要求をしてきたり
  • 理不尽なクレームを言う

保護者も多いです。

クレームがストレスとなって、精神的に辛くなってしまうこともあります。

 

体力がもたない

疲れが蓄積されていく

子ども相手に、一緒に遊んだり走り回ったりする保育士。

プラスして、

  • 早番や遅番で生活のリズムが不規則
  • 日誌や週案・月案の事務仕事
  • 壁面製作

と持ち帰りの仕事も多く、1日で疲れがとてもたまります。寝ても疲れがとれず、蓄積されていくばかりです。

 

休まる時間がないので、心にも余裕がなくなる

1日ごとに蓄積されていく疲労。週末でとろうと思ってもできないことが多いです。

土曜日の勤務や、行事前には休日出勤。週末にゆっくり休むこともできません。

疲れがたまって免疫力が低下していると、体調を崩し、病気につながる保育士も多いです。

 

腰痛

抱っこにおんぶの負担で腰痛に

保育園では、子どもを抱っこしたりおんぶしたりするのは、1日に何回もあることです。

  • お迎えが来るまで泣いている
  • なかなかお昼寝できないとおんぶで寝かせる

こともす。

0歳児・1歳児は、抱っこにおんぶで、前にも後ろにも子どもを抱えている

3歳~5歳は、抱っこやおんぶが少なくなっても、目線を合わせるためにかがむ

など、腰にかかる負担は大く、無理して、体を壊してしまう保育士もいます。

また、保育士は力仕事がいっぱい。

  • テーブルの出し入れ
  • 布団を敷いて畳んで片付ける
  • お昼寝中には草取り
  • 雪が降れば雪かき

運動会や発表会の時期になれば、練習のために大道具の出し入れを毎日するようになります。

コルセットを巻いて仕事をしている保育士もいっぱいいるのです。

 

腱鞘炎

ピアノが原因で腱鞘炎に

ピアノが得意であれば、練習はあまり必要ではないです。でも、苦手な人はたくさん時間をかけてピアノの練習をします。

行事などの特別な曲のほかにも、季節で歌う曲が変わります。そのため、ピアノの練習量も多くなり、腱鞘炎をおこしてしまうこともあります。

 

抱き上げる時にも手に不可が

子どもを抱き上げることは、腰のほかに手にも負担がかかります。1回だけならちょっとのことでも、1日に何度もあるので大きい負担に。

治すためには腕を使わないのが一番ですが、それもできません。ごまかしながら使った結果、

「動かせなくなるほどの激痛になってしまった」

って人もいます。

 

子どもから菌をもらう

園内は菌が多く、体調を崩しやすい

保育士の体調不良で退職する理由は病気

保育園に通う子どもの保護者は仕事をしています。そのため、

「子どもがちょっと風邪をひいた」

理由では休めません

そうすると、園の中はいろんな菌でいっぱい。咳や鼻水、くしゃみによだれと菌に感染しやすいのです。

子どもが感染するよりも、大人が感染するほうのが、治るまでに時間がかかってしまうもの。

 

体調不良で休むと迷惑がかかるワケ

  • 人員不足で職場が回らなくなるため

保育業界は基本的に人不足で、どこの園もギリギリの人員で回しています。

また、

  • 行事前で忙しい時期
  • 複数の先生が病欠や代休でお休み

だったりすると人手が足りないことも。

余裕がない現場なので、今度は自分が休むことで迷惑をかけてしまうと思い、休めなくなりますね。

 

  • 有休が取れないほど、代わりの職員がいない

有休は、もちろん制度としてはありますが、人手が足りずなかなか休めない状況にあると、有休で休みづらくなってしまいます。

使うにしても、

  • 熱が出たなどの病欠
  • 自分の子どもの体調不良

の時くらい。

そして、周りが有休を使わないと自分も休みづらくなりますね。

「体調不良で休みたい」
「ちょっと休みたいな」

くらいでは使えないのが、暗黙の了解なんですね。

 

体調不良でも休めない時の対処法

休職制度を使う

保育士の体調不良で休職

ストレスが原因の場合は、長期にわたって体調不良が続くことが多いです。

その場合は、仕事から離れることが必要です。それも、1日2日でどうにかなるものではありません。

多くの園では、休職制度があるので、利用するのもひとつの手。

ちゃんと病気などが確定すれば、健康保険から傷病手当で給料をもらいながら、休めます

でも、休職中は給料が減るため、経済的な部分でよく考えて利用しましょう。

 

保育士の体調不良で辞めたほうがいいい例、悪い例

辞めたほうがいいい例

職場の環境が悪すぎる

環境が悪い保育園

うつが原因の場合は、休みを取って快方に向かったと思っても、環境を変えないと再発することがほとんどです。

公立や、私立でもいくつも系列の園があるなら、転勤などもあります。

でも、基本的には、同じ園の職員とは辞めない限り、ずっと付き合いが続くものです。

 

辞めないほうがいい例

  • 具体的な改善の余地がある

転職するにしても、短期間で何園も転々としているより、1つの園の在職期間が長いほうのが、雇う側としても印象がいいですし、安心できます。

だから、できれば辞めたくないのが現状。腰痛など完治が望める体の不調なら、休職制度や有休を使って休み、復職するほうがいいでしょう。

また、園としては人手不足もあり、優秀な人材は手放したくないので、退職を申し出ても引きとめられる可能性も。

待遇の改善など具体的に改善があり、条件に納得できるのであれば退職しないほうがいいです。

でも、具体的に動いてくれないのであれば辞めることが、今後の保育士人生につながるかも。

働きやすい園もたくさんあるので、場所を変える選択もアリですね、

 

まとめ

  • 保育士は体も心も酷使するので体調を崩しやすい
  • 基本的に人員不足なので簡単には休めない
  • 休職制度を利用してみることも考えてみる
  • 職場の環境と自分の状態で退職するかしないか決める

今の園に不満があるなら

保育園によって、環境が違う

保育士1年目の仕事
人間環境が、ガラっと変わるんです。

長い時間を過ごすなら、
  • 疲れない雰囲気
  • 自分が出せる環境
  • やりやすい人間関係
ってすごく大事ですよね。

もし、今の園がつらいなら、
別の場所で過ごす自分を想像すると、
悩みが消えてるかもしれません。

自分ですべてやろうとせず、
保育士求人のプロに頼ると、安心です。

\登録、相談は無料です/

登録、相談は無料です!

↓↓↓

保育士求人サイトに登録する